4月の押し花とポエム

乃絵ちゃんのポエム4月7日

乃絵ちゃん作(4月7日)
庭の花をつんで、小さい容器に入れて飾る・・・というブームが発展して、詩を書いて、そのまわりを花で飾る、という形になった。
生花をセロテープで貼りつけたので、だんだんパラパラと落ちてきてます。
数字は、文字数を数えてるみたい。

「みんなのうた 1番
みんなはぜったいまもる
ぜったいにあきらめない
みんながやさしくしてくれた
そんなにはやくしんでほしくない

みんなのうた 2番
みんながだいすき
とってもだいすきなひとがいるんだ
きらいなひともいる
けれどまもらなきゃいけない」

創也のポエム4月7日

創也作(4月7日)
乃絵ちゃんをマネして、詩を書いて花で飾った。
写真に写ってるのは自分の名前を描きまくってるページ。その次に創也に「大きな古時計」の歌詞を書かされ、自作の詩へとつながっていく。
「ぴちょんくん」は私が好きなダイキンのキャラクターのこと。

「ぴちょんくんかわいいね
(判読不明)
ぴちょんくんを(判読不明)
夜までいっしょにねたよ ねたよ
すてきなゆめをみれました

もりのぴちょんくん
おべんとうたべにいった
おうちがあった こんこんしたら
おおかみのおうちだった
びっくりしてにげちゃった
ぴちょんくんはおうちにかえっちゃった
ぴちょんくんはおうちでごはんたべちゃった」

乃絵ちゃんの作品4月7日

乃絵ちゃん
詩作の後は、パンダにお花を持たせたりして遊んでた。

創也の絵4月7日

創也作
詩作の後は、「花びらちゃん」とかその他もろもろのキャラクターを描いていた。

乃絵ちゃんの絵4月23日

乃絵ちゃん作(4月23日)
お花を持ってる創也

花をつんでは家に持ち込んで、枯れた花があちこちにバラバラしている状況だったので、押し花にしたらキレイに残せるんじゃないかと思いつき、1週間前に挟んでおいた花を子どもに見せてみた。
案の定大好評で、この絵を描いたあとに、さっそく追加の押し花を大量に作った。

創也の絵4月23日

創也作(4月23日)
お花を持ってる乃絵ちゃん