3月9日の円高、米国株暴落で市場取引停止、日本の証券会社もログインできないパニック祭り

特筆すべき出来事だったので、久しぶりに投稿。
昨日は月曜日。あとでブラックマンデーの再来と言われるかもしれない。
朝起きたら超円高で、ドル円105円(週足で見て節目)に置いておいた買いエントリーが104.491円でヒット。
その後、少し落ち着いたかと思いきや、中国市場オープンで101.497円まで一気に行った。
やや戻した後、欧州市場オープンでまた101円台に。
アメリカ市場がサマータイムになったので、いつもより早い22時半に株式市場がまさかの大暴落。
市場取引が15分停止になった。ドル円も101.214円まで行った。

0309.gif
(昨日の相場、大きく窓を開いてスタート、15分足)

この騒動の原因は、原油相場の大幅な値下がりや新型コロナウイルス感染拡大を巡る懸念からリセッション(景気後退)懸念が台頭し、パニック売りになったこと。
サーキットブレーカー発動で取引停止になり、それを見た日本の投資家も自分の資産を逃がそうとしたのか、証券会社のサーバーにサクセスが集中し、ログインできなくなった。
ダウ2013ドル安、下げ幅過去最大 原油急落・新型肺炎懸念で

いつも100ドル動けば、今日は相場が動きそうだな~と思っていたのが、一気に2013ドルだからね。
このまま新型コロナが欧州やアメリカで広がっていけば、リーマン級の暴落が来てもおかしくない状況になった。
夏までには終息すると思うけど、しばらく油断ができませんな。

最終更新日: