チェロのレッスン65回目、指の移動は最小限が最速で弾くコツ

今日のレッスンは、ウェルナーのP.41下の曲の4回目。

またしても、この曲だけになりましたが、やっと、やっと終わった~~~!
あー、長かった・・・。

前回注意されていた、移弦のときの雑音問題は解決。
あとは、指の移動は最小限度にするとラクなので、指使いはよく考えること。
押さえっぱなしで済むところはそのままにしておいた方が早く弾ける。16分音符のときは、特にそう。
1、2の指がG線を押さえたまま、3、4がD線に移動するとか。
なるべく浮いてる指がないようにすると、音程が狂わないし、早く弾ける。

クリアしたといっても、Dパートは移弦が間に合ってるだけで、ぜんぜんキレイな音ではないので、しばらく復習はしておいた方がいいと思われる。

あと、弓の持ち方について先週色々質問したんだけど、イマイチしっくりこなかったので、先生に再度確認して弓を持ってる手を写真に撮らせてもらった。

先週質問したあとにあれこれ調べた記事がこちら。
参照:チェロの弓の痛くない持ち方、右手親指のどこでおさえてるの?

今週撮影した先生の手
参照:チェロの弓の持ち方(写真付き)

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告