週刊 私(8/27~9/2の週記)夏休みも終わって、創也歯の矯正スタート

合計
現在の体重 62.2 61.8 62.0 61.9 62.1 61.7 61.8
夜8時以降に食べない x x x x x x 1
1時間程度の運動をした x x x 0.5 x x x 0.5
ギターの練習をした 1 0.5 0.5 1.5 1 x x 4.5
チェロの練習をした 1 0.5 1 0.5 1 x x 4
英語の勉強をした x x x x x x x 0
絵を描いた x x x x x x x 0

月曜日
子どもの宿題の丸付けをして、間違ったところを直させた。
これで午前中がつぶれた。
ダンナが泊まりの出張でいないので、外食か簡単晩御飯にしようと思ったけれど、結局煮込みハンバーグを作った(さわやかに行きたいね→外食は控えたいけどハンバーグは食べたい→作るしかない)。

火曜日
創也の歯の矯正器具が出来たので、歯医者さんで付け方と外し方、金具の広げ方までレクチャーを受けてきた。
なんと、広げるのは家でやるのか!
ちゃんとできるかな。

マックで夏休み最後のランチ。
創也の散髪をしてから、サントムーンの手芸屋さんで乃絵ちゃんの誕生日プレゼント選び。
乃絵ちゃんが欲しいのは、瓶にビーズやドライフラワーを詰めるやつのことだと思っていたけれどそうではなく、スワロフスキーの石でアクセサリーを作りたかったらしい。

創也は本屋で「ぼくらの7日間戦争」を買った。
創也、人生初の細かい字の本w
テレビで紹介されているのを見て気になってたようで、実際読みだしたら、結構気に入ったみたい。
妖怪ウォッチのエルダも欲しいといっていたけれど、これはすぐに飽きそうで気がすすまないので保留。

水曜日
創也、矯正器具を寝ている間に外していた。
そりゃ違和感あるよね。

そして、今日は学校初日!
ついに夏休みが終わった!ヒャッホウ~~~~。

サッカーの送迎はあり。

木曜日
明日自治会館を使うのでカギを借りにいった。
会長に野良猫の避妊手術のハンコをお願いした。

英語の日
猫散歩。またエサやりさんが来てない様子。

金曜日
今日はチェロのレッスン日
チェロのレッスン56回目、8分音符をゆっくり弾くクセ

夜、子供会4役の集まり。
アンケートの集計をしながら、ラジオ体操の景品が進んでない話や、近所の不審者情報の話で盛り上がった。
帰る前に、会長に猫の件のハンコをもらった。

土曜日
クラッシックギターの弦交換をした。
今までずっとオーガスティンの赤だったけど、前回はハイテンションの青にしてやや指が痛かったw
今回は初のダダリオ、プロアルテです。

ギターの弦交換、プロアルテにしてみた

いつも弦交換をすると、洗い立てのシーツで寝たときみたいに「あ~、サッパリ~」と気分が良くなりますが、プロアルテは ...あんまり変わらない。
伸び伸びの弦が新しくなったんだから、クリアな音にはなりましたが、音質は「んー、普通」ってカンジ。
形状記憶のシャツを洗ったときみたいに、アイロンは掛けないで自然にまかせたような。
パリッとはしないけど、まあ着れるくらいの感覚。
オーガスティンに比べると音は響かない。
悪くはないけど平均的な音。

今回は弦交換のYouTubeを参考にしながらシビアに巻いたので、音程は安定しました。
前回使えなかった自作ナットもやっと使用できた。
もっと弦高が低くてもよかったけど、取りあえずFが鳴るのでこのままで練習します。
これはあくまでもうちのギターでの感想なので、他のギターではまた違う音になるかもしれないよ。

自作ナット

実はダダリオのプロアルテはチェロ弦にもありますが、実はこれを買おうとしてレッスン先のオーナーに止められたので、まあさほどオススメされるような弦ではないのかもしれない。

日曜日
今日はアコギの弦交換。
指が痛いので、弦のテンションをライトからスーパーライトに変えてみた。
アコギの弦は金属なので、マジメに練習すると指先が切れるというか、まるで剣山の上に正座しているよう。
テンション低い弦ならどうかな?という実験です。

アコギの弦交換、すごくゆるいテンションにしてみた

なんと、30分弾いても、指先は痛くならなかった。
でも、弾くとバイン~という感じに鳴って、ややうるさい。
グリップ式のFも余裕で押さえられるので、練習にはいい。
しばらくこれで練習して、慣れてきたらライトゲージに戻そうか。

こちらのギターも、YouTubeを参考にシビアに弦交換しました。
マーチン巻きってやつにしてみた。
でも、6弦の音程が安定しない。
ブリッジの穴がズタズタになっているせいかもしれない。

ブリッジの穴がズタズタ

このギターは父が昔使ってた79年製のヤマハ。
2年前にもらってきて、ナットもサドルも自分で作り直しましたが、さすがにブリッジはムリだ。
リペアに出したら、新品買えるんじゃない?という気もするけど、古い楽器の音色には値段以上の価値がある(気がする)。

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告