チェロのレッスン47回目、テンポの早い曲とスタッカートのコツ

今日のレッスンは、ウェルナーのP.35下のAllegro。

全部スタッカートで弾くということで、コツを少々教わりました。
弓の重心付近でえぐるように弾く。
弓は少なめに。
ダウンは体の後ろに引くように。
肩を上げない。肩の力は抜いて、力が入ってるのは指先だけ。
曲が早いので、普通に弾くと間に合わないところは、開放弦や移弦の最中に次の音を押さえておく。

2段目2小節目、開放弦のソからファ#ラとくるところは、1の指でC、G弦の両方押さえておく。
最後の段、1小節目の最後、ラシラファ#の2ところ、シラ弾いたらすぐに4の指をピョンと伸ばす。移弦の間に、指が先に弦を押さえていて、あとは弾くだけみたいな感覚を掴んでおく。

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告