チェロで、あまりにもスタッカートが出来ないので、チュートリアル動画を集めてみた

ロシア式、オルガ先生の動画。さすがの安定感。
最初は弓を短く、同じ幅で使ってゆっくり音階を弾く。
だんだん早くして弾く。
次に、ダウンとアップの違いの説明も入ります。
「ダウンは重いので自然に弓に重みが掛かるけれど、アップのときはちょっと強めに弾くか、押し付けるように少し強く弾く」と言ってるらしい。
なんでアップもダウンも同じ音が出せるんだろう・・・。
とても真似出来ないが、練習あるのみ!
コツは手首は柔らかく使う。
弓は跳ねない。常に弦の上にあること。

このおじいさん先生も凄腕。
アップボウのスタッカートは、ギューッと押しつけてガガガと弾くのと、弓が跳ねるように弾くバイト アンド リリース、トレモロから入る3種類の練習方法を教えてくれますが、レベルが高すぎてなんだかわからない。

ナニコレ。
アップボウのスタッカートの練習だけど、ハンパなくレベル高すぎ。
この先生、サラっとすごいことするよね。

番外編、レガートとスタッカートの弾き方をレクチャーしてくれるイケメン。
あまり教えるのは上手じゃなさそうだけど、モチベーションは上がるw

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告