2017年1月FX成績、金額ではなくPipsで目標を決める

1月は税金の関係で12月に決済できなかったトランプ相場の精算ができたので、なかなかの成績が出せましたが、その反動で欲をかいて、2月は余計なエントリーをしたのも事実。
どうすれば自分で決めたルールを守れるのか。
その一つが、金額ではなく、目標pipsでとらえること。これなら欲に目がくらむことが減るかもしれない。

参考:FXで1日にどれくらいのPipsを取るのがベストなのか?

そこで、自分がメインに取引している通貨ペアの日足データから値動きの平均値を出す。一般的にデイトレであれば、1日の値動きの100%を取り切るのは極めて困難です。現実的に見れば、まずは20~40%程度を目安にしたほうが良い。ドル円だと、10~20pipsほどになる。

豪ドル円の1月の高値安値をここから抜き出してみた。
参考:AUD/JPY 過去のデータ

1月は1日の高値安値の幅が0.45~1.37円あって、平均値幅は97銭。
ずいぶん動くんだな~と思いますが、上の参考記事によれば、これの20~40%が目安。
つまり、19~38銭を毎日コツコツ積み上げていくイメージか。
今、30銭幅で決済しているので、ちょっと欲張りかな。20銭か25銭ならコンスタントに取れるかもしれない。
1月の決済は平均71銭あったけれど、これはトランプ相場のおかげで去年の4月に高値で買ったやつが決済できたためで、通常とはだいぶ違う。
1月にエントリーして決済したものに限れば平均34銭でトータル541pips
去年の4月からのエントリー分も込みなら2,421pipsでした(ただし、千通貨と一万通貨が混在していたので金額とは違う)。
2017年の出足は好調。
今の豪ドル円は日足で高値圏なので、売りがメインになってますが、売りポジションが溜まってきても意外と落ち着いていられるようになった。
何事も練習だ。

サイクル注文300万円デモ取引の方もトランプ相場の爆上がりで全部決済されたので、サイクル注文を出し直しましたが、設定したサイクルより高値圏に行ってしまったので、あまり引っかかりませんでした。
1万通貨で4回決済して、スワップ金利が885円、損益は27,200円。
手数料が600円(新規エントリーに対して200円ずつ)。
なので、合計は27,485円のプラスでした。
只今絶賛高値圏なので、また設定を直してみた。
想定変動幅、半年1,283pipsで、87.73~75.85円の間に29本、44pips間隔で置く。
これでしばらくやってみます。

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告