2016年8月のFX成績、ダラダラした円高を耐え忍ぶ夏休み

8月は毎年円高になると言われていますが、夏休みをとっている企業も多いので値動きが乏しく、ダラダラした雰囲気で終了。
去年のチャイナショックみたいなこともなくて良かった。

豪ドル円8月の値動き

そして、ここ数日米国早期利上げの期待感から円安に流れてますが、このまま行ってくれるかどうか。
細かく確実に取っていくか、出来るだけ引っ張ってみるか、決済のタイミングが難しい。

さて、SBI FXで実践中の手動トラリピの8月成績は
76.25~78.652円の間で10本決済してスワップ金利が570円、合計24,195円
レンジの狭さに8月の苦労が見えます・・・。
1本のエントリーで3,000円とか4,000円取れたのは8月前半戦だけで、後半はひたすら1,000円取れるタイミングを待つカンジ。
7月は76,530円、6月は37,626円だったので、8月の相場の雰囲気が伝わるかな~。
乱打戦ではなく、ジワジワみたいな雰囲気。
あー、今日も波がこねー、ヒマー。でも傾向としては円高なので、警戒しつつジャブを出す、みたいな。
評価損は一時-30万くらいまで行きましたが、現在-196,875円となっています。

サイクル注文300万円のデモ取引の8月成績は
1万通貨で4回決済して、スワップ金利が795円、損益は31,995円。
手数料が1,000円(新規エントリーに対して200円ずつ)。
なので、合計は30,995円のプラス。
評価損は-320,795円でした。
サイクル注文の方は1回7800円取る設定だったので、あまりレンジに入らなかったようです。

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告