チェロの左手のポジションと、よくある問題と解決方法のまとめ

練習から半日たっても、まだ腕がしびれているような気がする。
一晩中腕枕して寝てた、みたいなカンジ。
左手のポジションとかフォームが悪いんだろうと思い、その解決方法を探してみました。

Online Cello Lessons - 4 - Hand Positioning on the Fingerboard
ロシア人の先生が以下のように説明してます。

手でCの形を作って、親指は2と3の指の間に。
4の指側から見てもCの形になるように(小指の関節が突っ張っていてはダメということ)。
手首から肘まで真っ直ぐに。弦をうつるときは肘を上げたり下げたりする。手首をひねらない。
ただし、肘を体に近寄せすぎたり、後ろに引くのはダメ。

後半で、1の指の位置を探す練習をしているのかな?
シを出したら手を下げて、また1の指でシ。また手を下げるの繰り返し。
ポジションを移動すると、音程が狂う、シがどこだかわからない人向けの練習らしい。
音程は体で覚えろということか。
こっそり印をつけたり、シールを貼る・・・というのはダメかね。
1から4の指の間隔は均等に。

Left Elbow Position
いつもの陽気なアビゲイルさんが教えてくれるYO!
ロシア人の先生とほぼ同じ内容ですが、肘の動かし方なんかはこっちの方がわかりやすいかも。

Cello Left Hand Position
やけに硬派なレッスンビデオがあったので、これもアップ。
上のビデオとほぼ同じですが、字幕がついてます。
親指をひねらない。
肩を持ち上げないでリラックスさせる。
肘から手首、小指まで真っ直ぐに。

さらに、同じシリーズで、チェロのよくある問題と解決法というビデオがあった。
多分、ワタクシ全部の問題が当てはまってます。
親指ひねってるし、・・・手首もひねってるかな。

Cello Left Arm and Hand Common Problems and Solutions

ちなみに、さっき指の位置に印をつけたらダメかと書いたけれど、まさにそれをオススメしている動画があった。

How To Put 1st Position Tapes On a Cello for Cello Beginners

このビデオのお姉さんも、自分の先生からテープをもらったみたいに言っているので、わりとポピュラーな手法なのかな?
私もマジックで印をつけたりしましたが、何しろ音程が合ってないと意味が無いので、あまり役にたたなかった。
今ならスマホのチューナーでかなり正確に音合せできるので、これはいい方法だと思う。

どのくらいテープを貼っていればいいのかについては、コメント欄にいろいろなユーザーから書き込みがある。
自転車の補助輪と一緒で、覚えるようになるまで。
テープを外すとわからなくなるようだったら、また貼ればいいんだし。

みんな通る道なのね。

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告