待ちに待った2日連続の円高

4月7日の81円からジリジリ上がり、86円付近で小レンジに入っていた豪ドル円がついに動いた!
昨日の午前10時半から30分の間に1円程度の円高

4月27日の豪ドル円相場

ちょうど買い物に行ってる時間だったので、リアルタイムでは見なかった(なので平静でいられたw)。
消費者物価指数は大事なんだと覚えておこう。
SBI FXで流れてくるニュースヘッドラインによると

豪1-3月期消費者物価指数は前年比+1.3%と、市場予想の+1.8%を下回ったほか、前期比では-0.2%と、市場予想の+0.2%に反してマイナスだった。原油価格は反発基調で物価を押し上げる方向にあるものの、豪金融政策は追加利下げを含め方向転換が迫られる可能性がある。豪ドル/ドルは昨日安値を下抜けし0.7668ドルまで、豪ドル円は85.19円まで急落。

そして、今日。
今週の目玉、日銀会合の結果を受けて5分間で2.3円の円高キター!

4月28日豪ドル円

日銀の発表が何時にあるのかわからなかったけれど、約定のメールが次々に入ったので発表があったかなと思って確認してみた。
事前にセットしておいた指値を次々と突破!
ああ~、なんかスゴイ勢いだ。念の為に追加資金を入れておこう。
83円あたりで下げ止まったようなので、ここが底だろうと思って、成行でダメ押し買い。
現状、68.7円までなら維持率100%を超えずに耐えられる計算。

日銀の結果を市場がどう受け止めたのか、SBI FXで流れてくるニュースを参照。

04/28 12:03
日銀金融政策決定会合
「マネタリーベース年間80兆円増加の方針を維持」
「マイナス金利0.1%維持」

日銀は金融政策決定会合を公表。マネタリーベースの増加ペースと、当座預金の政策金利残高に対する-0.1%の金利適用といった、従来の政策を維持する方針を決定した。一部報道であった金融機関向け貸し出しへのマイナス金利適用については、結局、見送られている。

 市場の期待を裏切ったことで、ドル円は108.77円まで急落した。その後は109円前半まで戻したが、本日の高値111.88円からは大幅に下落している。ユーロ円は123.18円、ポンド円は158.15円、豪ドル円は82.47円、NZドル円は75.18円、加ドル円は86.40円まで下落した。

市場の期待を裏切ったとありますが、みんなマイナス金利を拡大して欲しかったのか?
期待を裏切ると円を買うってどういうことなんだろ??

まだ夕方何か発表があるのか?

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告