SBI FXで評価値と現在値の違いって何?ロール値段?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

月曜の朝イチで、先週末の建玉がどうなったか確認。
米ドル円がだいぶプラスになっていてウキウキ・・・。
ん?3段目の豪ドル円、やけに儲けが少ないよ。

SBIFXの建玉一覧


建玉一覧にある評価値と現在値の違いは何だろう?
実現損益と評価損益を見ると、米ドル円は累計スワップが1なのに、3段目の豪ドル円は0のままで、実現損益がマイナスになっている。
買った値段が85.060円なのに、評価額が84.8964円とはどういうことだ?
SBIの最新のスワップ金利表を見ると、米ドル円で18円、豪ドル円は0円。
おそらくこれは1万通貨の時の金利だから、1000通貨だと米ドル円のスワップは1円ということかな?

参考:建玉一覧

評価値:ロール値段 ※ロールオーバーしていない建玉(当日新規建等)の評価値は建単価が表示されます。
現在値:実勢レート。買建の場合はBid(売)レート、売建の場合Ask(買)レートを表示

んん??日をまたぐと値段が変わるということ??

参考:用語集・ら行

ロールオーバー
建玉の決済日の前営業日に、決済日の翌営業日を決済日とする建玉に乗り換え、結果として決済日を1日繰延べる処理。繰延べた1日分の金利差から計算されるスワップポイントの受払いが発生します。ただし、土日や各国の休日等により決済日を数日繰延べる場合もあります。

累積ロール損益
ロールオーバー時に、値洗いを行うことによって発生した為替差損益の累積金額。
当初約定価格と最新ロール値の差額に、取引単位、及び数量を乗じたもの。

参考:ロールオーバー

ロールオーバーとは建玉の乗換え処理のことで、決済日の前営業日に翌々営業日(決済日の翌営業日)を決済日とする建玉に乗換えます。外国為替保証金取引においては、反対売買がなされない限り、決済日を1営業日ずつ繰延べますので、長期間建玉を維持することができます。また、ロールオーバーは、実質的には売付けた通貨を借り入れ、買付けた通貨を預け入れることになるので、その借入金利と預入金利との間の金利差に相当するスワップポイントを当社との間で授受します。
ロールオーバーにより、建玉の約定値は、ロールオーバー時点の当社の提示する価格(以下「ロールレート」といいます)に変わり、差損益金とスワップポイントは、ロールオーバー後、預託保証金に反映されます。なお、ロールオーバーは原則として日本時間午前6:30以降(米国夏時間の場合は午前5:30以降)に毎営業日自動的に行います。

1日経つと(ロールオーバーすると)買った値段(建玉の約定値)はロールレートに変わるということだ。
株の取得金額と現在値の違いみたいなイメージなのかな。

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告