Amazonアソシエイトのリンクがとても重い

本の紹介で、久しぶりにAmazonアソシエイトのリンクを貼ったら、いつまで経ってもページの読み込みが終わらない。
アソシエイトのスクリプト以降にあるコンテツの表示も、それに連れて表示されない、もしくは遅くなるという悪循環。

重たい原因はコレね。

<img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=xxxxx" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

リンクの最後にくっついてくる1pxの画像。
サーバーが不調なのかなんなのか知らないけど、全然応答しない。

この1pxの画像はいるのか、いらないのか。

ネットで調べても、いるという人と、いらないという人がいる。
リンク支援ツールが吐き出すソースを見ると、この画像は入ってない。
ついでに、アソシエイトのツールバーからFacebookにシェアをクリックした場合のソースを見ても、この画像は入っていない。

本家本元のヘルプにこの件に関する記載があった。

テキストリンク、個別商品リンク(基本型)にイメージタグが挿入されているのはどうしてですか?

アソシエイト・プログラムでは、Amazonの広告の成果を効率的に図るためのインプレッションのデータを提供しています。Webサイトにこのリンクを掲 載すると、ページがロードされるたびにwww.assoc-amazon.jpのサーバーに1x1ピクセルのイメージをリクエストします。当プログラムで は、このリクエストの数をインプレッションとしてカウントします。インプレッションデータはリンクタイプレポートで見ることができます。このデータによ り、あなたのwebサイトに掲載されているアソシエイトリンクの効率を把握することが、より簡単になるでしょう。

ところで、インプレッションって何よ。

インプレッションカウントとはなんですか?

特定のリンクタイプに限り、アソシエイトリンクのインプレッション数をカウントしています。リンクタイプレポートでは、リンクタイプ別にインプレッション 数をレポートします。このデータによって、あなたのページの中で、どのリンクがよりトラフィックを稼いでいるかを知ることができます。どのリンクが最も効 率よく売上に貢献するかを見極め、今後の戦略作りにお役立てください。

わかったような、わからないような・・・。
つまり、リンクが貼ってあるページが表示された回数を数えているということね。
どのページが見られているかは、アクセス解析ソフトで分かるので、あんまり意味ないね。

この画像がアソシエイトの条件とか、必須項目になっていないなら、なにも重たいものをガマンする必要はないので

この1pxの画像はいらないということで。

追記:インプレッションがなんだろうという記事は、かなり昔に書いていたことが発覚!
やだねえ~、ボケが進んだかしら。

アマゾンアフィリエイトリンクのパラメータの意味

ほれほれ、1px画像が入ってるから、ページの読み込みが終わらないよw

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告