このページは、2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブです。
2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブトップへ
現在のトップページへ

アニマスで3DPainterを使う

Nagi
   2010.12.23 16:35

前回3DPainterを触ったときはうまくいかず、ダンナも使い方がよくわからないのかバグだなんだと酷評していましたが、チュートリアルビデオでは普通に使えているので、再度トライ。

Tシャツのところだけ前後にグループ分けしてデカルを貼りました。
よく見ると、スタンプに編集可・不可のチェックボックスがあるので、前を塗ってるときは後ろを編集不可にしてみた。

3dpainterの画面

おお~、うまくいったじゃん!!

セーブしてからテクスチャ用の画像を開いてみるとこんなカンジ。
(いちおう1024x1024pxでマス目模様の画像を作りました)

Tシャツのテクスチャ、テスト

最初デカルの位置を同じまんまで貼っていたので、前を塗れば、当然後ろも同じ色に塗られてしまい、しばらく悩みましたが、単純にデカルの位置を重ならないようにずらせばよかったのね。

3DPainer自体がテクスチャ用の画像を作るオート機能もあるけど、それはまたやり方が違うかも。

とりあえず、テクスチャ用の画像を貼ってから3DPainerでモデルを開けば、3Dビューで見ながらテクスチャが描けるのはわかった。

あと、3DPainterで最初にモデルを開くとき、強制終了する場合の対処法。
アニマスパークの2007-4-19付けのニュースにありますが

3DPainterにモデルファイルが正常に読み込まれない場合、
Edit/Perfermance/FileLoadOptionsのRead.mdl files encodingのチェックをはずすか、SHIFT-JISなどのエンコード法を指定する必要があります。

またPRJ,mdlファイルなどのパスに全角文字(2byte文字)が含まれている場合、アニマス本体からプラグインとして呼び出した場合に強制終了してしまいます。この場合はパス名・ファイル名をすべて半角英数にするしかないようです。

よかったよかった。

アニマスでの作業時間は0.5時間。