このページは、2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブです。
2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブトップへ
現在のトップページへ

アニマスで3Dペイント

Nagi
   2010.12.19 01:02

ラクしてモデルにテクスチャを貼る方法がないかと検索していたら、アニマス専用の3DPainterというソフトがあるらしい、というのがわかった。円高のうちに買っちゃおうかな、などと迷っていたら、実はダンナがこのソフトを持っていたので、どんなもんだか試してみた。

3DPainterでテキトウに表裏を塗り分けてみた(・・・というか、狙った位置が塗れない。座標軸がずれてるようなカンジ。設定の問題か?)。
アニマスでひらくと、多少境目がガタガタ。

表と裏を3DPainterで塗り分けたモデル

デカルの画像をひらくとこんなカンジ。
無意味にでかいサイズでつくってしまったので、えらく時間がかかった。

3DPainterがつくったデカル

色の分かれ目にアバウトな線を描いてみた。

色の境目に線を引いてみた

こういう位置関係になる。

表と裏の境目に線がくるのは確認できた

なるほど。
3DPainterでアタリをつけて、あとでPhotoshopとかでキレイに直せないかと考えていたので、もしかしたらうまくいくかも?
他のCGソフトだとマッピング画像が1枚に全部展開されてたりして、あれができたらラクそうだなと思っていたんですが、実際のところはどうでしょう。

アニマスでの作業時間は1.5時間。