このページは、2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブです。
2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブトップへ
現在のトップページへ

MTでPHPファイルのインクルードする手順を変更

Nagi
   2010.12.14 09:45

MTで月別アーカイブやカテゴリーアーカイブを表示する際、常に最新の状態になるようにしておくのに、今まではPHPファイルを新規モジュールで作ってインクルードしていましたが、MT4.2からは、これが設定で自動的にできるようになっていたそうなので、今さらですが変更してみました。

MT4.28だとこんなカンジ。
サイトでPHPを使ってる場合、公開>モジュールオプション>サーバーサイドインクルード>PHPのインクルードをプルダウンから選択

MT4.28でPHPのインクルードをプルダウンから選択

各テンプレートの下にある設定画面を開くと「サーバーサイドインクルード」のチェックが入れられるようになるので、必要なテンプレートでチェックを入れる。
デフォルトの設定で使ってる場合は、月別やカテゴリーアーカイブのテンプレート「ウィジェットテンプレートのアーカイブ」で設定しておくといい。

サーバーサイドインクルードのチェックを入れる

MT5.04だと設定>全般>モジュール設定>サーバーサイドインクルード>PHPのインクルードをプルダウンから選択。他の手順は同じ。

MT5.04でPHPのインクルードをプルダウンから選択

こうすると、テンプレートがモジュールとして処理していたところが、自動で

<?php include("/home/sites/xxxx/web/xxx/includes_c/template_198.php") ?>

という形に置き換わる(テンプレート上では何も変わりませんが、サーバーにあるページファイルをダウンロードしてメモ帳で開くと変化が確認できます)。