このページは、2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブです。
2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブトップへ
現在のトップページへ

ひと見知りしない子は社交的・・・というわけではない

Nagi
   2010.05.19 23:58

ダンナの実家から、ちょくちょく野菜や米が送られてくるのですが、今回は育児書も入ってました。
お義母さんが気になった箇所とか折り目が入っていて、それはそれでまあいいんですが、「ひと見知りしない子」のくだりにはちょっと、というか、かなりショック。

うちのベイビーズはあまりひと見知りをしない方で、私としては手がかからなくてよかったなどと思っていたのですが、それは大きな間違いで、子供をあまりかわいがっていないから、子供からするとママも他人も同列に思われているんだそうで・・・。子育てのありかたを見直せ、とか書いてあるのよ。

ガーン。

たしかに双子を言い訳に、あんまり子供を構ってなかったところはあるけど・・・。
片方をダッコするともう片方もダッコを要求して押し合いへし合いのケンカになるから両方ダッコしないとか、腰痛がひどいとか、ストレスでこれ以上やつらの相手をしたらおかしくなって虐待に走るとか、子育ての手抜きの言い訳なんて山ほどでてきますよ。

ベイビーズのグズグズがなく、みんなが気分良く過ごせる日もあれば、怒鳴りまくってグッタリする日もあるわけよ。

実はこの本をお義母さんがくれる前に少し子育ての話しをしていて、そうとう煮詰まってると思われたかも。
子育ての悩みが本を読んだだけで解決するワケではないけれど、できるところからやってみようかな、とは思いました。

ここ最近、お姉ちゃんの方はボキャブラリーがだいぶ増えて、「ダッコ」を覚えたものだから、何かにつけ「ダッコ」を要求するんですよ。
今までは言葉にならなかったからわからなかったけど、ホントは今までもこれだけ頻繁にダッコして欲しかったのかなあ、と反省。

とりあえず、「ダッコ」と言われたら、後回しにせずちゃんとダッコしてます。