このページは、2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブです。
2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブトップへ
現在のトップページへ

マテリアル設定各種

Nagi
   2008.06.03 14:17

テクスチャを作って貼るより、マテリアルの方がカンタンだとダンナ様が言ったので、いろいろテスト。
なかなか面白い効果が楽しめました。
マテリアル各種

たしかにキレイなんだが・・・遅!
レンダリング時間は、マテリアルなしだと5秒で済みますが、
sponge:0:00:36
clay:0:00:34
wood:0:00:50
cotton:0:00:28
という結果。
ちなみに、前回テクスチャをデカルで貼りまくって木目調をレンダリングしたときは9秒でした。

ver.15だとBakedSurfaceというのがあるのですが、色くらいしか焼いてもらえず。
フォーラムを見ても、うまく動かないマテリアルがあるようで、まだ完全に機能はしていないのかな?

とりあえず、モデルを右クリックでBakedSurface。追加されたデカル以外のデカルやマテリアルは削除。プロジェクトワークスペースのイメージフォルダを開いて、BakedSurfaceで追加されたイメージを右クリック、Save Animation As...で保存先を指定。プロジェクトを保存したら、一回閉じてまた開く、という手順になってます。
うまくいけば、レンダリングスピードが大幅に上がるそうです。
うまくいけばね・・・。

英語の勉強は3時間。
アニマスでの作業時間は3時間。