このページは、2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブです。
2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブトップへ
現在のトップページへ

MT4.1の作業メモ カスタムフィールド、RSS、StyleCatcherなど

Nagi
   2008.05.20 11:00

●カスタムフィールド
どんな使い方をするのか見てみたところ、なかなか面白い。
エントリーの編集画面に好きな項目を追加できるので、ダイエットなどで毎日同じ項目を記入する場合などに活躍しそうだ。今日の腹筋回数とか、体重の増減などを必須項目にすれば、イヤでも目に入る。
ワタシのように意思の弱い人間には特に強制力を持たせられるかも・・・。

カスタムフィールドを本文中に表示するには、テンプレートにタグを追加してやる必要がある。モジュール化しておけば、後々ラクになるかもしれない。

●RSS
今までMixiではindex.rdfから更新情報を拾っていたみたいなんだけど、MT4.1にはindex.rdfがない。
とりあえずatomに修正したけど、どれが一番普及しているんだろう。
この分野も疎いなあ・・・。

●StyleCatcher
どうやってデザインを変えるかという問題ですが、一度StyleCatcherを使うとデザイン>テンプレート>スタイルシート(style.css)に読み込んでいるスタイルのパスが表示されます。
例えば、デザイン>スタイル>規定のスタイルからHills Pinkを選ぶとこんなカンジ。

/* This is the StyleCatcher theme addition. Do not remove this block. */
@import url(http://www.xxx.com/xxx/mt-static/themes-base/blog.css);
@import url(http://www.xxx.com/xxx/mt-static/themes/hills-pink/screen.css);
/* end StyleCatcher imports */

mt-static/themes-base/の方は触らずに、mt-static/themes/hills-pink/をFTPでダウンロードして中身を確認。
hills-pinkのフォルダ名と中身を変更して同じ場所にアップすれば、規定のスタイルに自分で作ったスタイルが反映します。
こうやって登録しておけば、いつでも他のスタイルに変更できるし、3カラムから2カラムへのレイアウト変更も自由自在。ただし、レイアウトを制御している部分を触る場合は慎重に。

●テンプレートセット
プラグイン機能としてテンプレートセットから自作する方法もあるんですが、何度やってもうまくいかず・・・。
テンプレートのコードを改変した時や、アーカイブマッピングの設定などをしなくて済むようなので、できれば便利なんでしょうね。
これは今後の課題としてとりあえず保留。