このページは、2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブです。
2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブトップへ
現在のトップページへ

MT4.1の作業メモ ページ分割プラグインで記事が指定数に足りない場合

Nagi
   2008.05.19 19:07

追記:(タイトルがわかりにくかったので変えました。中身は昨日とほぼ同じです。)

デザインは据え置きですが、テスト環境のままとりあえず暫定リニューアル公開。

●ページ分割プラグインで記事が指定数に足りない場合、<$MTPageLists$>がリンクなしの1として表示される部分の回避方法

MT側の条件分岐で表示の方法を変えてみた。
もともと入っていたdatebased_archiveの条件分岐が何を指しているのか今までわかっていませんでしたが、これはカテゴリー以外の月とか日付別アーカイブを指すものでした。
月別アーカイブでページ分割プラグインは必要ないので、この部分はデフォルトに戻す。

<MTIf name="datebased_archive">
<MTEntries>
<$MTEntryTrackbackData$>
<$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
</MTEntries>

<MTElse>
<MTSetVarBlock name="myValue"><$MTEntriesCount$></MTSetVarBlock>
<MTIf name="myValue" gt="50">
<MTPageContents count="50">
<MTEntries>
<$MTEntryTrackbackData$>
<$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</MTEntries>
</MTPageContents>
<div class="for_pagebute">Page: <$MTPageLists$></div>
<MTElse>
<MTEntries>
<$MTEntryTrackbackData$>
<$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
</MTEntries>
</MTIf>
</MTIf>

条件分岐は、「月別アーカイブの場合と、それ以外の場合」。
それ以外の場合に、「エントリー数が50より多い場合と、それ以外の場合」となっています。
編集箇所:アーカイブテンプレート>ブログ記事リスト

あちこちに参考にして条件分岐の方法を考えてみたけれど、イマイチMTSetVarとMTSetVarBlockの使い分けがわからん・・・。