このページは、2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブです。
2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブトップへ
現在のトップページへ

自分とは違うロジックの人、習字「街道風景」その1

Nagi
   2007.04.25 21:02

今日は生まれてはじめて弁護士に会って例の件を相談してみたんですが、想像とはぜんぜん違った。
弁護士ってもっといろいろアドバイスをしてくれるのかと思ったら、相談者の個別の事情には踏み込まないみたい。こっちが聞いたことに対して、これは双方で合意が取れているならOKとか、書面で契約してあるのかという確認をしていくだけで、こうした方がいいというような提案などはしないのね。
税金とか保険の相談とはだいぶ違うなあ・・・。

一応聞きたいことはまとめていったので、だいたい納得したんだけど、なんだかちょっとカルチャーショックというか・・・。
昔、理系バリバリのプログラマーの人と話したときに感じたようなショック。
これはこうだから、こうなりますよね、というふうにロジックを積み重ねていくような話し方。
それはそうなんだけど、話を聞いても、私の思考の流れに話が入ってこなくて、脳みそがついていけなくなります。

街道風景
今日から4文字になりました。
今までより一文字が小さくなるので、なんかバランスが取りづらい・・・。
道と風は書き方の解説があるのですが、解説のない景の方が難しいと思いますよ。

近頃、習字が楽しくなってきました。
最初の頃よりは少しマシになってきたし、デッサンしている時の感覚に似てる。集中するときの気持ちとか。
もう少し1回の課題に時間をかけたいのですが、次々やらないと提出課題にたどり着けないので困ったなあ。

晩御飯は、再びたけのこご飯です。
あと2回分・・・。