このページは、2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブです。
2005年8月後半から2010年12月までのアーカイブトップへ
現在のトップページへ

歯磨きに喜びを見出す

Nagi
   2006.12.06 22:31

今日は歯医者2回目です。

さあ削りましょうかと口を開けたところ、歯茎の腫れがまだ残ってるということで、目的の歯ではなく、前歯のサイドにあった虫歯の治療になりました。

前歯の治療ってドキドキもんじゃないですか。
すごい目立つように治療されたらどうしよう・・・とか考えたり。
ところが最近は便利なものがあるようで、液体のセメントみたいなやつでキレイな白い歯になりました。
わあ、すごい。

その後、歯茎の深さを測ったり、歯垢を取ったりしながら雑談。
ここの先生は、なかなか名医かも。
今までの歯医者とやっていることはほぼ同じなんだけど、何でこういう治療をするのか順番に説明してもらって納得できた。そういう意味があったのか~。

今まで歯磨きをけっこう適当になってたなあ、と反省。
先週から毎食後に、45度の角度で歯磨き5分、フロス、リステリンのフルコースでケアしてます。
歯間ブラシも3回ほど自分でやってみましたが、だいぶ血が減ってきました。
(血が出るのは、虫歯や歯垢で歯茎が腫れていたり、炎症があるからだそうです)

歯磨きのやり方もちょっと工夫。
現在虫歯になりかけの箇所にブラシがあたるように、歯ブラシの持ち方を変えてみました。テニスのバックハンドみたいなカンジ?
今までブラシが当たっていなかった箇所なので、なんだか新鮮なカンジ。

ああ、汚れが取れていく~って爽快感にひたってます。